抜け毛と男性ホルモン・女性ホルモンの関係

抜け毛と男性ホルモン・女性ホルモンの関係

人間の身体には、様々なホルモンが分泌されて全身で機能しています。例えば成長ホルモンは細胞を活性化させるために必要ですから、分泌率が低下してくると細胞分裂もしにくくなります。

 

ある程度の年齢になると背が伸びなくなったり、老化してくるのはこのためです。抜け毛にもホルモンが関係していて、原因によって男性ホルモンと女性ホルモンが関わる割合が違ってきます。ここでは、抜け毛と男性ホルモン、女性ホルモンの関係を見ていきましょう。

 

男性ホルモンと抜け毛の関係

 

男性ホルモンといえば、男性的な骨格や筋肉を作るのに必要とされるホルモン。ヒゲにも関係していて、男性ホルモンが多い男性は見た目が男らしくなります。

 

女性にも男性ホルモンはあり、体内でバランスがとられています。男性に比べると女性の体内の男性ホルモンは少なめですが、女性でも閉経を迎えると男性ホルモンが優位になり始め、外見にも変化が見られるようになります。

 

特にわかりやすいのが、薄毛の問題です。男性ホルモンは、ある種の酵素と結びつくと髪の成長を妨げることがわかっています。

 

年をとると髪が薄くなってくるのは、自然なことともいえるわけです。ただし、若くして薄毛になる場合は、男性ホルモンのバランスが通常より悪くなっていることが考えられます。食生活や生活習慣などによってホルモンバランスは大きく左右されるため、抜け毛が多くなっている人は生活を振り返ってみたほうがいいでしょう。

 

女性ホルモンと抜け毛の関係

 

女性ホルモンも、男性と女性両方の身体に備わっています。女性のほうが女性ホルモンが多めですが、閉経を迎えた女性は男性ホルモンが多めになってきます。そのため、加齢による薄毛の問題が出やすくなります。

 

一方、女性ホルモンが多いと髪のるやはハリがよくなり、髪の量も多くなりますが、これは女性ホルモンのバランスがとれていてのこと。女性ホルモンには種類があり、そのバランスが乱れてしまうと健康や美容に支障が出てきます。

 

出産後に抜け毛が増えるのも、妊娠中に増加していた女性ホルモンが出産によって急激に減少するためです。他にも、ダイエットやストレス、喫煙、睡眠不足など、生活面で不摂生がたたると女性ホルモンのバランスが崩れ、若い女性でも抜け毛が目立ってくることがあります。