女性の抜け毛の治療は何科へ行けばいい?皮膚科?婦人科?

女性の抜け毛の治療は何科へ行けばいい?皮膚科?婦人科?

女性の抜け毛は、病院で治療することも可能です。その場合、何科に行けばいいかは薄毛の症状によっても異なります。ここでは、状況によって異なる女性の薄毛治療の受け方についてお話しましょう。

 

ホルモンバランスが関係していそうな場合

 

女性には基本的に一定の年齢期間に月経があり、ホルモンの働きに体調が左右されることが多いものです。そのため、20歳を過ぎた年齢にもなれば、体調に異変を感じるとホルモンバランスに何か問題があるのかと疑う人も多いでしょう。

 

女性の薄毛の原因には、ホルモンバランスの乱れが関係していることもあります。産後の抜け毛も、ストレスやダイエット、加齢による薄毛も、ホルモンバランスが多少なりとも影響しています。

 

このことから、まずは婦人科で相談をしてから薄毛の症状も出ていると医師に告げてみるといいでしょう。婦人科でホルモンバランスを整える治療をすることによって薄毛も改善すれば、他の科に行く必要はないかもしれません。

 

皮膚に問題がありそうな場合

 

薄毛の原因によっては、皮膚に炎症が起こっているなどのケースもあります。間違ったヘアケアなどによって炎症が発生することもあり、その場合はホルモンバランスに直接的には関係ありません。すぐに皮膚科に行って、診てもらってもいいでしょう。

 

また、婦人科で相談した上で、皮膚科での治療をすすめられることもあります。最近では、女性の治療も行う薄毛治療専門のクリニックも増えていますから、実績のある医師に診療してもらうのも一案です。