女性は産後に抜け毛が増えやすい?

女性は産後に抜け毛が増えやすい?

出産は、女性にとって心身ともに大きな変化を与える一大事です。その後の人生も左右することになり、計画的に考えている人も少なくないでしょう。

 

女性ホルモンが正常に機能しているからこそかなう妊娠や出産ですが、その女性ホルモンば頭髪にも影響を与えやすくなるのが妊娠中や出産後。ここでは、産後の抜け毛問題についてお話しましょう。

 

産後の抜け毛は当たり前?

 

妊娠した女性は、それまで2種類のホルモンを交互に多く分泌させていた状態を変化させます。プロゲステロンというホルモンが優位に立つことになり、もう1種類のエストロゲンというホルモンは分泌が休息状態になるのです。

 

しかし出産した途端、卵胞ホルモンであるエストロゲンが再び分泌され始めます。その復活が急激なため、10ヶ月もプロゲステロンのみで安定していたホルモンバランスを崩すのも無理はありません。ホルモンバランスの乱れに体調がついていけなくなり、それが肌や髪の状態にも影響します。

 

こうして、産後の抜け毛が目立ってくるのです。ホルモンバランスが正常に戻れば抜け毛も止みますから、産後はなるべく安定した生活を送れるようにするのがいいのです。

 

ホルモンバランスが回復しないと

 

出産後には育児が始まりますから、なかなかホルモンバランスを回復できない人もいます。しかし、乱れたホルモンバランスを放置しておくと、抜け毛もどんどん悪化してしまいます。

 

特に女性の場合は男性よりも1本のヘアサイクルが長く、ホルモンバランスが乱れたままでは抜け毛への影響も長引きかねません。自然に治ると思って放っておくのではなく、積極的に産後の抜け毛からの回復を目指したほうがいいでしょう。