女性の抜け毛に効く育毛剤とその他対策方法

女性の抜け毛に何が良い?

年齢とともに、抜け毛、薄毛、髪のコシに悩む女性は多いもの。産後の抜け毛を経験する女性も少なくありません。でも男性とおなじ抜け毛対策をしても効果は少ないのです!それは女性特有の理由があるから。

 

・頭皮の乾燥
・髪の栄養不足
・ホルモンバランスの乱れ
・睡眠不足

 

イソフラボンなど女性ホルモンに似た働きをする成分、巡りUP成分は、髪や頭皮の栄養補給、ホルモンバランスを整えるうえで不可欠です。少ない睡眠時間は質をUPして!当サイトでは、髪や頭皮の栄養補給、バランスを整えるサポートをする、女性の抜け毛に効く育毛剤を厳選しました。

 

ベルタ育毛剤の特徴

ベルタ育毛剤は、見た目-10歳を目指す女性用育毛剤です。女性のために開発された薬用育毛剤。血行促進&保湿のための厳選32成分を配合。硬化した頭皮をエイジングケアして髪に嬉しい土台づくり。頭皮への浸透を考えた、1/1000ナノ化が決め手です。大豆やヒオウギなどの天然成分でハリやコシのある髪に。育毛、養毛のほか、かゆみやふけも防ぎます。1日1回、1本で約1ヶ月分。90日間全額返金保証で、気軽に始められます。

価格 3,980円
評価 評価5
備考 血行促進&保湿成分、厳選32種配合

 

マイナチュレの特徴

マイナチュレは、体の中から抜け毛ケアする育毛サプリです。毛髪、血行促進などの成分をバランスよく配合したオールインワンサプリ。毛髪保護成分、18種のアミノ酸、たんぱく質を配合。いつもの食事では不足しがちな栄養素を補えます。また、109種の植物酵素やビタミン・ミネラルなどで体内を整え、育毛をサポート。コラーゲンやヒアルロン酸で頭皮を保湿。血行促進はヒハツエキスで。1日めやすカプセル3粒。返金保証制度あり。

価格 980円
評価 評価4
備考 18種のアミノ酸、たんぱく質配合

 

アンジュレの特徴

アンジュレは、産後の抜け毛ケアを考えた女性の育毛剤です。産後に薄毛や抜け毛を経験したママの声から生まれました。赤ちゃんのことを考えた、3種の天然育毛成分を配合して髪を育てます。ホルモンバランスはヒオウギエキスで整え、アロエエキスなど6種の天然成分で保湿&血行促進。香料や保存料など不使用。妊娠9ヶ月から抜け毛予防として使える優しさ。1日2回、1回1mlを塗布。安心の90日間返金保証あり。

価格 3,990円
評価 評価3
備考 3種の天然育毛成分配合

 

 

女性でも、加齢をはじめ出産や生活習慣の乱れなどによって抜け毛が増えることがあります。多くの女性が一時的な抜け毛だろうと侮りますが、女性でも抜け毛を放っておけば一生ものの薄毛となってしまう可能性があるのです。

 

食生活や生活習慣を改善することも大切ですが、努力しても効果をハッキリと感じられるまでには長い年月がかかりがち。効率を上げるには、抜け毛防止や育毛対策のグッズを利用するのが便利です。

 

ヘアサイクルを健康に戻すヘアケア用品

 

ホルモンバランスの乱れによる不健康なヘアサイクルが抜け毛につながっているなら、ヘアサイクルを健康に戻すことが先決です。毎日使うようなヘアケア用品にもいろいろありますが、シャンプーやトリートメント、育毛剤を揃えてセットでヘアケアの仕方を変えてみるのもおすすめ。

 

シャンプーはどれでも同じと思うかもしれませんが、頭皮や髪に刺激が強過ぎない成分のシャンプーを選ぶのは一般的な製品からでは大変です。

 

抜け毛防止や育毛対策用のシャンプーなら、無添加にこだわっている上に育毛成分などを配合してくれています。ヘアサイクルを整えた上で頭皮にいいものをプラスできるので、効率よくヘアケアができるのです。

 

正しく頭皮に手をかける

 

抜け毛が増えてくると、余計なことをするのも心配だけれど何もしないのも不安というストレスが募る一方でしょう。そんなとき、正しく頭皮に栄養を与えてあげられれば安心です。食事から得た栄養は全身に届けられるため、全てが髪にいくとは限りません。

 

しかし、育毛剤は直接的に頭皮に成分が浸透し、状態を改善に導いてくれます。何をしたらいいかわからずに放っておいたり、無闇にヘアケアをするよりは、厳選した育毛剤を使ってお手入れしてあげるほうが頭皮にも負担がかかりません。早く頭皮を楽にして抜け毛を改善したければ、育毛剤を使ってみることをおすすめします。

 

女性用育毛剤ランキング

 

女性の抜け毛の原因は女性ホルモンが関係している?

 

女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンという2種類があります。2つのホルモンのバランスを保つことで女性は健康や美容をキープしていますが、ホルモンバランスは非常に微妙なバランスをとっており、崩れやすいのも事実。

 

実際、生理の前後には2種類のホルモンの分泌量が違ってくるため、ホルモンバランスがほぼ毎月乱れて、女性は体調を崩しやすいのです。女性ホルモンが原因する女性の薄毛も、2タイプ。エストロゲンが急増するためと、逆に減少するためという正反対の原因によって起こります。

 

加齢によるエストロゲンの減少タイプ

 

どんな女性でも、年をとるに従って女性ホルモンの分泌量が減っていき、やがては閉経を迎えます。閉経を迎える準備期間として更年期を迎えるのも自然な現象ですが、このとき急激に減ってくるのがエストロゲンです。エストロゲンには髪の成長を促す役割があり、このホルモンが減ることによって女性も薄毛の兆候が出てきます。

 

個人差もありますが、ある程度の年齢になって女性が薄毛になるのは不思議ではないのです。ただし、食生活や生活習慣の不規則さによって、エストロゲンを激減させてしまう女性もいます。一度乱してしまった女性ホルモンのバランスがなかなか元に戻らず、薄毛の改善しなくなってしまう人もいるため、健康的な生活を送れているかには注意しておきましょう。

 

出産によるエストロゲンの急増タイプ

 

妊娠すると、卵胞ホルモンであるエストロゲンは分泌されなくなり、プロゲステロンのみの分泌となります。しかし、出産によって状況が変わり、エストロゲンが再分泌されるようになると、一時的にホルモンバランスが崩れることがあります。

 

自然に元に戻るものだとはいわれていますが、現代の生活はとかく人のペースを乱しがち。ストレスや食生活の影響でなかなかホルモンバランスが復帰せず、薄毛が定着してしまう可能性もあるため、注意が必要です。意識してホルモンバランスを整えるようにしたほうが、薄毛は早くに改善するでしょう。

更新履歴